妊婦整体


妊娠中の特別なケア

 頭痛や腰痛、肩こり、背中の痛み、股関節痛、むくみ、冷え、などがあっても妊娠中はクスリが使えません。
妊娠中の不調は、精神的なダ負荷もあり、それは赤ちゃんにとってあまり好ましくない影響とも言えます。
また、妊娠中の子宮や内臓に関する不調も、赤ちゃんの居心地の悪さを与えてしまいます。
その居心地の悪さから、逆子になってしまったり、手足を伸ばしてしまったりと、赤ちゃんの姿勢不良は、先天的な問題を抱えてしまう事があります。
そういう面では、妊娠中の整体は、母体のケアだけでなく、生まれてくる赤ちゃんの為のものとも言えます。

妊娠中に推奨させる、ある事とは?


 妊娠初期は、何事もなければ基本的には「安静」が推奨されます。この時期は、赤ちゃんの成長(特に脳や神経、脊髄、内臓など)にとって最も大事な時期です。ホルモンバランスや自律神経を乱しかねないストレスは極力避け、頭痛などがあれば当院をご利用ください。

 安定期に入ると、徐々に散歩や運動を推奨されます。この「運動」は関節や筋肉など、要は体の柔らかさ、血流を良くする事が一番の目的です。しかし、ほとんどの妊婦さんが、良いのをわかっていても運動をしません。

その理由として、最も多いのが、、、「面倒だから 汗」です。苦笑

そこで、妊婦整体です。出産や産後に良い影響を与えるので、ぜひ「体を柔らかく、血流を良くする」事を、心地よく、リラックスしながら行える妊婦整体を受けてみてください。

胎位


 妊娠後期には、赤ちゃんの姿勢・体制『胎位』が重視されます。赤ちゃんの健康の為と安産の為ですね。

逆子になっていたり、横寝していたりすると、帝王切開になります。

分娩は、産後の子宮とホルモンバランスの状態にとっては自然であり、好ましいのですが、胎位によっては止むを得ずです。

できれば自然分娩にしたいのです。

 胎位を正常にしたり、正常に保つには、体(骨盤・背骨・関節・内臓)の柔らかさが重要なポイント。

体操などではなかなか胎位を改善したり、正常に保つ事が難しい。

ですから、事前に「そうならないように」体を整えておく事が一番ですね。

 妊婦整体

*妊娠中の頭痛や腰痛などのトラブル
*不眠、めまい、むくみ、冷え
*逆子、赤ちゃんの姿勢不良
*安産に向けての整体
 妊娠中は、胎盤・へその緒を介して、お母さんと赤ちゃんの間で、ホルモンや血液の交換が常に行われています。その為、お母さんは常に穏やかで、健康的であった方が好ましいのです。また、妊娠中にトラブルがあった場合、産後も必ずと言っていい程、腰痛や股関節痛などのトラブルを引きずります。
内臓系の不調和、風邪などの症状がある場合は、赤ちゃんへの影響が心配されます。妊娠中の風邪や発熱などにもご利用ください。

 妊婦整体

 

¥6,500

 初回カウンセリング込み50分・2回目以降30分